自然の中で取り残された場所

場所は近鉄線と南海線が乗り入れする便利な河内長野駅、学生時代はこの駅が最寄でしたので三年間通った場所でもあります。

駅だけを使う分には普通にある郊外の町と駅です。

但し、近くにある温泉宿「河内長野荘」へ向かわれる方しかほぼ通らない道、駅からほんの1分の道に入ると光景が一気に変化し、初めて行くと別空間になった錯覚を起こしそうな程です。

 

20130126-06.JPG

 

まさに裏路地のような道を通り階段を下りると、なんともレトロな橋がお出迎えをしてくれます、昔はお客様を歓迎する為に作られたようなので一風変わったデザインです。

 

20160612-022.JPG

 

ここから先は緑の中に取り残された建物が点在してます、特に夏場に行くと「埋もれてる」の表現がピッタリです。まだ使われている建物もあるようですが、ウェブ検索で出てきただけの内容なので定かではないのですが、古くは遊郭のような場所とも書かれていましたが山間部に突如現れる呑み屋街のようなものかもしれません。

 

000008.JPG

 

この建物なんて、もう緑に飲み込まれそうな勢いです・・・。

 

20140907-012.JPG

 

フジカラーさんの看板も埋もれてました・・・。

 

000022.jpg

 

もしここを歩かれたら異空間な感覚で忘れてしまいそうですけど、橋の下には山から流れる綺麗な渓流がありますので夏場でしたら足を付けて遊ぶのにも最高です。

 

20130126-04.JPG

 

そして、これを書きながら思ったのですが学生時代に三年間も通ったにも関わらず学校とは逆だったので存在すら知りませんでした。きっと写真を撮っていなければ今でも知らなかったと思います。

改めて写真を撮っていて良かったなと思います。

後、この周辺ですが最初に書かせて頂いたとおりで温泉宿への道になりますので、先に進むと河内長野荘があり中で休憩出来る喫茶コーナーがありますので、食事・トイレなども安心です。

 

20160710-012.JPG

 

 

エリア地図

 

 

菊地治信

TWITTER_glyph_32px.png INSTAGRAM_glyph_32px.png FACEBOOK_glyph_32px.png

大阪市内で写真店の経営をしつつ趣味の活動として20年ほど撮影の企画とフィルム写真の普及活動を行い、現在はポートレートを中心に撮影を楽しんでいます。また今回のこのウェブサイトを機に、地元の撮影にも力を入れて行こうと思います。

メイン使用機材:EOS-1V,NIKON F3,MAMIYA RZ67

 

人気記事

年別アーカイブ一覧